CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
with you!! ★★☆
 どこか舌たらずな歌い口といい、初々しい音程の取り方といい、ジャケットで「両手でしっかりマイクを握ってる」佐奈らしい、可愛らしいキャラソン。(歌唱力に関しては中の人のナチュラルな部分も影響してるとは思いますがw)はぴねす!のすもものキャラソン(明日のキモチ)も、タイプは違えどミドルテンポで可愛らしい曲だったのを思い出します。芸域も広いし色んな役をこなせる人ですけど、こういう曲を聴いてしまうと、やっぱり安玖深音は妹キャラこそ至上と心底思えてしまうなあ。ですます調の歌詞が愛しい。(*1)
 どうでもいい話ですが、「いつでもそばにいたいだけなの」の部分がどうしても何も言えなくて…夏に被って聞こえるので(「あの日のように導くのなら」のところ)、サビのたびに中村耕一@J-WALKの髭面が脳内でフラッシュバックしてしまってしばらくのた打ち回ってましたが、ようやく慣れてきました。(あと全然関係ないですがラジオドラマ、前のキャラソンのときからさくや姫さまがまったく出てこなくなったような気が…)

(*1)作詞は神代あみなんですね。
| 音(CD・DVD)★★★ | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな願い ★★☆
 高音や転調時の不安定さに相変わらずドキドキしてしまう、でもそのドキドキがやがて癖になってしまうのが成瀬マジック。特にBメロの尻尾の手入れし「て〜↑」のあたりなんか、なんともいえないテイストでぶるぶると琴線を震わせてくれます。メロディ構成に特筆すべき箇所はあまりないんですが(ほのぼのしてて良いんですけどね)、ボーカル:成瀬未亜という時点で10点くらいプラスしても良い気分。有体に言ってしまえばお世辞にも歌は上手くない人なんですけどw、そこが逆に良いんだ!!というか、なんだかこの独特の歌い口に耳を惹きつけるものがあるんですよね。この小さな願いみたいな、ミドルテンポの曲は、特にそういう味が際立ってる感じがします。マジカルミラクルがCD音源で発売するのをいつまでも待ってる自分ですが、wanna be a girlだって楽しみにしてるんですよ。
 ミニドラマの相変わらずの外しっぷりもゆず風味。それでも発売・即・購入の気概は衰えないというか、むしろ増してくるあたり、ゆず道は修羅道ですね…。
| 音(CD・DVD)★★★ | 14:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Charge Of Soul ★★☆
 告知されてた通り、アレンジが無駄にメタルっぽくて笑ったw そのあたりボーカルとの親和性を考えるとちょっと疑問符なんですけど、このズレっぷりもまた味わい深いものがありますね。サビなんかはけっこう耳心地よく聴けるんですけど、メロディ全体としてはもうひとつ物足りない感じも残るかなあ。ミニドラマの方は、面白いことを言おうとして盛大にスベってる感じが随所に見えるのがある意味ゆず風味。要約すると「誰が主人公の尻に座薬を入れるか」でヒロイン4人が争うすごいドラマでした。何を言ってるかわからねーと思うがry
| 音(CD・DVD)★★★ | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハイブリッドバディ ★★★
pict

http://sekken.sakura.ne.jp/09body/body.html

 固い土性っ骨の中に色気を感じさせる、ロックバンドとしての石鹸屋の道筋を定めたという感じのオリジナルアルバム。(T3)ヒルクライムや(T9)ユメオイみたいにポップさを残すキャッチーなナンバーもあるものの、全体的に癖の強いサウンドに仕上がってる感じで人を選びそうな1枚という雰囲気ですが、ちょっと古めのハードロックが好みなら抵抗なく好きになれるサウンドではあるかな。TOHOHUM同様、聞き込んでいく内にじわじわと味が出てくるアルバムだと思います。東方アレンジから離れた石鹸屋の本来のカラーって、きっとそんな感じなのでしょうね。あとライブ音源しかないCD未収録のオリジナル曲もそろそろアルバムにまとめて欲しいので、どうかよろしくお願いします。
| 音(CD・DVD)★★★ | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チャイニーズ・デモクラシー ★★★
ガンズ・アンド・ローゼズ
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(M)
¥ 2,800
(2008-11-22)
 I.R.S.はじめ、「おっ」と思わせてくれる曲も幾つかあるし、アクセル・ローズという稀有のボーカリストの「歌声」を堪能できる1枚であることは間違いないと思います。(Cather In the Ryeなんかホント聞かせてくれるので。ギターも全体的に良い味出てます)でもやっぱり、いわゆる"あの頃"のG N'Rの音を期待してた自分もどこかにあって、そのあたりは少し寂しさのようなものは感じてしまうなあ…。(*1)アクセル・ローズとイジー・ストラドリンの出会いって、今思えば奇跡のような出来事だったのかもしれないですね。アペタイトはあの時代に出たからこそ意味のあるアルバムで、今のG N'Rはこの音なんだ、というのは頭では分かるんですけど、なかなか難しいものです。もう少し時間を置いてゆっくり聞き込んでいけば、どんどん好きになれそうなアルバムではあると思うので、この音が自然に耳に沁み込んで来るのをゆっくり待とうかな。

(*1)バラードを中心に、ユーズ・ユア・イリュージョンを彷彿とさせてくれる曲は幾つかあるんですが。
| 音(CD・DVD)★★★ | 03:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マーシトロン ★★★
pict

マーシトロン/光収容の倉庫

 良い感じに歪んだギターと、切れのあるドラムが耳に心地よい、光収容のオリジナルアルバム。全体的にロックテイストが濃い目でなかなか好みな曲が多いわけですが、ことに(2)イージーライフ、(3)テレキャスター・ガール、(4)空き箱の流れが特に好きかなあ。(5)脈のリフの歪み具合もちょっとたまらないものがありますね。ボーカルは鏡音リンを起用ということで、そのマシン的なボーカルが全体のメロディに独特の雰囲気を与えてる反面、やっぱりもう少し情感ある、ハスキーなボーカルで聴きたいナンバーだよな、とも思ってしまうなあ…。なにはともあれなかなかの良盤。テレキャスター・ガールは↑で試聴できるので是非。
| 音(CD・DVD)★★★ | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日の君と逢うために ドラマCD Vol.2 「どっちにするの!?」 ★★★
pict

明日の君と逢うために ドラマCD Vol.2
「どっちにするの!?」


 七海の暴走もさることながら、明日香の言動に小夜の冷徹な斬り返しが刺さったり、リコがナチュラルに毒発言したり、別のヒロインと二人でいるときに舞とバッタリ会って、チクチクとプレッシャーをかけられたり──そういう日常の、キャラの掛け合いこそが、明日君の最大の魅力だよな、と再認識できるドラマCD。ジャケットからも分かるように、メインは月花を舞台にした舞と小夜の竜虎激突なわけですが、りんと里佳ねぇ以外のヒロインは押しなべて出番はちゃんとあるので、↑で書いたような明日君の魅力はぎゅっと詰まった1枚になってると思います。やっぱりこの作品は、ヒロインそれぞれの立ち位置が上手いこと収まってるよなあ…。(主人公の声がノジケンというのは、少し違和感ある気もしますが)vol.1とvol.3はまだ未査収なので分からないですが、雰囲気的にこの2枚はストーリー志向という感じがしますね。3はしばらく通販できる状態っぽいので、1をゆっくり探そうと思います。
| 音(CD・DVD)★★★ | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TOHOHUM(石鹸屋) ★★★
pict

TOHOHUM(石鹸屋)

 (T1)Demystify、(T8)ミシャグジ・エンパイア、(T10)オレンジ・キャット・ファルセットあたりが良い感じかなあ。HR/HMとしての完成度が一気に増してる分、同時に荒削りだけどギラついて尖った魅力は削れてきてる気もするし、エース級の1曲が見当たらないアルバム、という印象も受けるので、どちらかというと渋い1枚になってる感じがします。ループしてる内にじわじわボディに効いてくるアルバムではあると思うんですけどね。それにしても、ここ1、2年のアルバムリリースを経て、ほんと音の厚味やボーカルの伸び、バンドサウンドとしてのクオリティは跳ねあがってる気がするなあ。LIVE DOJO出張版はさすがに回避…と思ってたんですが、慶さんが頑張って新潟のチケットを取ってきてくれたので(神戸はゆいにゃんともろ被りなので…)、なんとか予定を調整して遠征しようと思います。それはそうとこのアルバム、全体的になんかノイジーな気がするんですが、そういう演出なのだろうか…。
| 音(CD・DVD)★★★ | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
They will be born TOMORROW ★★☆
pict

明日の君と逢うために ボーカルコレクション
They will be born TOMORROW


 昨日今日で5、6回ループしてるんですが、際立って良曲!というパンチのある1曲には欠けるかもしれないけど、聴きこんでいけば好きになれそうな曲は多そうだなあ。(七海の曲の「なな!みな!」という合いの手(?)は吹きましたが)リコの曲なんかいかにも「キャラとして」歌ってる感じに伝わってきて(「やっとついにやりました!」のとことかね)、キャラソンとして非常に良いな思うし、アルバム表題でもあるところの、明日香のThey will be born TOMORROWも、単純に曲としてなかなか良いなと思います。あるとボーコレのときはちょっと期待しすぎてしまったせいもあり、ややがっくりな感もあったんですが、今回はほどほどに…という心持ちだったので、楽しく聴きこめてるのはなにより。
| 音(CD・DVD)★★★ | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
emotional flutter ★★★
emotional flutter/原田ひとみ/ef-the latter tale ☆☆☆
 大空に向かって編隊が出撃していくような、無闇やたらに壮大な構成が痺れるなあ。悠久の翼がこの一戦に命運をかけた戦局の出撃テーマだとすると、こっちはいざ開戦とでもいった感じの雰囲気。サビなんか本当行進曲ですよね。ストリングスをガンガンに聴かせた厚みある間奏が聞かせます。

ever forever/原田ひとみ/ef-the latter tale ☆☆☆
 なんかエンディングの方がゲームソング的というか、ずいぶんとキャッチーな感じですね。サビのワンフレーズから入る構成はminoriの曲としては珍しい感じがするので新鮮でした。ラスサビの畳み掛けるような繰り返しが熱いぜ。
| 音(CD・DVD)★★★ | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |