CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
ぱわーおぶすまいる(1) ★★★
 きらら系では貴重な、ラブコメを前面に押し出した幼なじみ学園4コマ。こうして改めてみるとまゆさんの宗馬への懐きっぷりがハンパなくてニヤニヤしてしまうな。みるくがジワジワと宗馬との距離を縮めてるさまを本能で感じ取って、嫉妬の火花を散らすまゆさんも可愛い。そして「まゆさんコントローラー」は伝説の「おにいチェア」に迫る良モーション。
| コミック ★★★ | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(3) ★★★
 秋子の出番も当然多いけど、今回は主としてアナ・銀兵衛のふたりにスポットが当たるエピソードが多めという感じ。意中の相手と自室で二人きりというシチュエーションに緊張してるのに、朴念仁な反応の秋人にうなだれるギンが今日も可愛いなあ。そういえばもう来月にはアニメがスタートするんですよね。ありさが出るくらいまでは、コミックのほうも続くのかな。
| コミック ★★★ | 15:04 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
紅 kure-nai(9) ★★★
 (10巻の感想を書こうとして、9巻の感想を書いてないことに気づきました)表紙に散鶴ちゃんが!ということでまさかのメイン話があるかと思いきや、今回もワンポイントの登場で残念。(いい味出してましたが)メインエピソードの京都編後半、最後の紫・切彦とのデート話と、今回も完全オリジナルの展開ながら楽しめたなあ。銀子とのお風呂でのはち合わせシーンの、銀子の目つきが至高。
| コミック ★★★ | 01:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いろは坂、上がってすぐ。(1) ★★★
 坂の上にひっそりと佇む質屋「ぜにや」を営む少女・雫と、彼女を取り巻く人々の日常を描いた物語。コメディ色の強いシスプラスと比べて、この「いろは坂〜」は、勇人作品の持つ人情話、ハートウォームな側面がより色濃く出てる作品、という感じかな。(*1)1話、1話、ちょっと切ない話もあれど、暖かな気持ちになれるエピソードばかりで、読んでてなんかほっこり来てしまいます。
 ファンタジーめいた幾つかの部分(雫はどうして物に宿る心・声を感じとることが出来るのか)や、雫の家族はどうなっているのかなど、想像は出来ても明示されていない謎は幾つかあるけど、そのあたりは今後の展開で少しずつ明かされていくのかな。シスプラスに続いてのつっちー・山本先生の友情出演にもほっこり出来ました。山本先生はやっぱり天使。

(*1)そういう意味では、シスプラスときちんと棲み分けできてる感じ。
| コミック ★★★ | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シスプラス(2) ★★★
 シスコンお兄ちゃんの暴風は留まることを知らず。ちょっとあからさまなくらい悪人のいないお話なので、そこが少し鼻にかかる向きもあるかもしれないですが(視聴率重視のプロデューサーとかも基本ほだされちゃうので)、はなまる幼稚園から連綿と続く勇人先生の世界観ならそれもありなのかな。今回も瑞希ちゃんのヒロインオーラがハンパないなぁ。ほんと正統派にラブコメしてますよね。
 どこか超然とた印象の心奏も、最後のエピソードで複雑な妹心を見せたりして、今回もシスプラスの名に恥じない内容だったと思います。つかさ・つっちーの友情出演も嬉しい。
| コミック ★★★ | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ハナヤマタ(2) ★★★
 よさこいとガールミーツガールを軸に、女の子たちの友情と成長を描くハナヤマタ第2巻。相変わらず、くるくると変化するヒロインたちの喜怒哀楽がまぶしいなあ。今回スポットが当たるのは新キャラであるところの、悩めるファザコンお嬢さまのタミなわけですけど、彼女が一歩を踏み出す過程がオーソドックスながら丁寧に描かれてて、1巻同様のブレない良さがあるなあと思いました。「不良のはじまりかも!!」とベッドの上でゴロゴロするシーンの表情がすごくいいな。ストーリーをグイグイと牽引していくようなパンチの強さ(廃部の危機とか、大会に出れなければ○○とか、そういう分かりやすいドラマ性)はない作品なので、今後どういう展開に持っていくんだろうという、色々な意味での先の見えなさはありますけど、次巻あたりからは本格的によさこいに踏み込んでいくと思うので、部活(?)ものとしての展開にも期待したいところです。
| コミック ★★★ | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる4コマ(1) ★★☆
 個人的にはトゥインクル・スターシップの挿絵以来のまりも先生。キャラ押しありきの原作なので、そういう意味ではシンプルに萌え4コマとは親和性が高い感じですね。可愛いキャラがドタバタやってるさまをニンマリ楽しむという、シンプル(またそれ以上でも以下でもない)な楽しみがあると思います。時折洩れる本音の真涼が可愛い。
 しかしパパ聞きが1番極まってる気がしますけど、最近の人気ラノベはコミカライズを複数同時進行するという傾向が顕著になってきたなあ……。
| コミック ★★★ | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はたらく魔王さま!(1) ★★★
 なかなか良い感じのコミカライズ。029先生のキャラデザの良いところをしっかり残してる感じが良いなあと思います。ストーリーは基本原作準拠な感じなので、コミカライズだけのプラスアルファ、といった部分は少なめですが、恋するちーちゃんが可愛いので些末なことですね。1巻の、突然の恵美の登場にムッと来て小さな牙をむくちーちゃんは、やっぱり良いものだ。
| コミック ★★★ | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
はつゆきさくら(1) ★★☆
滝乃 大祐
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 609
(2012-05-25)

 全体的に駆け足な印象ながら、押さえるべきイベントは押さえている感じ。(*1)このペースだと2巻で終わるのかな? 桜以外のヒロインの見せ場はかなり少なめなので(メリーゴーランドをぶっ壊せの4人組は出番すら……)、そのあたりを期待してるとちょっと物足りない部分あるかもしれないですが、そこはもう桜メインのストーリー進行と割り切った作りになってるんでしょうね。告白シーンの桜が可愛いけど、ネムの悲しげな表情にすごく違和感があって思わず笑ってしまった。

(*1)ただしバニッシュはない。
| コミック ★★★ | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひろなex.(4) ★★★
 巻頭の書き下ろしのカラー漫画が80年代テイスト全開で笑ったw 今回も徹頭徹尾、ひろなたちの平々凡々な日常を描いたゆる4コマが貫かれてて、ほんとそれ以上のコメントはないのだけど、この作品(ひろなex.)に関してはそれで良いのだ。
| コミック ★★★ | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |