CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ガリレオ(フジテレビ) ★★★☆
pict

http://www.fujitv.co.jp/galileo/index2.html

 ほんのりと原作の雰囲気を残しつつ、大胆なアレンジが為されてて、個人的には最後までなかなか楽しめたドラマでした。ワトソン役の草薙は女性のオリジナルキャラに変わってるし(*1)、脇を固めるメンバーもほぼオリジナルだし、トリックのキモ自体は原作をベースにしててもキャラ設定・エピソード自体はかなり改変してる部分も多いので、生粋の原作ファンは眉をひそめる箇所も多いと思いますが(個人的にラストエピソードの爆ぜるだけはさすがにどうかと思った。なにあの機械)、ある意味これは原作とは別物として楽しむのが正解な作品なのだろうね。(*2)そう考えると渡辺いっけいもすごく良い味出してたし、湯川と内海の掛け合いもテンポよく(ちと月9補正かかってる部分もありますがご愛嬌)、何より閃いた瞬間にところかまわず数式を書きなぐるハチャメチャな演出がたまらないドラマでした。ツッコミどころも多いですが、個人的にはほどよく楽しめたなあ。(やっぱ4話が良かったですね)劇場版も楽しみ。

(*1)内海ってでもその後の原作には出てるんでしたっけ?
(*2)さすがに佐野史郎主役で月9は無理だったのだろうか。
| アニメ・TV | 22:12 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
AYAKASHI トレーラームービー第2弾公開
http://www.ayakashi.info/

 なんか意外に期待できそうな感じが。前川のおっちゃんが、なんか剣乃(菅野)作品にいそうな渋いキャラデザに変わってて吹いた。

 
| アニメ・TV | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CLANNAD 第4話 仲間をさがそう
 第3話同様、抑えるべきポイントはちゃんと抑えて、アニメならではの遊びも入って楽しい作り。(春原を仲間にしますか?の画面がなんかリトバスっぽくて笑った)駆け足に感じてた部分も薄れてきたというか、面白さが先に立ってきてあまり気にならなくなってきたかな。最初はことみから入るのかと思ってたけど、この流れだとまず風子という感じですね。にしても相変わらずアニメ版の椋の可愛さは異常。
| アニメ・TV | 02:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
らき☆すた ★★★
平野綾,加藤英美里,福原香織,遠藤綾,今野宏美,白石稔,茅原実里,山本寛,美水かがみ
角川エンタテインメント
¥ 6,880
(2007-07-27)
 貯まってた残り2話を消化して、シリーズ視聴終わり。原作の雰囲気を上手く表現しつつ、アニメならではの見せ方もあって、なかなか良い作りだったと思います。ことにつかさなんかは、原作の方では微妙に印象が薄くなりかけてたキャラだったのだけど、アニメで見事にキャラが立ったというか、魅力を再確認できたような気がするなあ。原作の世界観・雰囲気ゆえに、大きな感動や興奮といったものとは無縁な作品ではありますが、ゆるゆるとした気分で最後まで楽しめました。変に遊びすぎた部分もあったけど、全体的には良いシリーズだったと思います。
| アニメ・TV | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CLANNAD 第2話 最初の一歩
 なんという駆け足。AFTERにたっぷり尺を取るために仕方なく、という感じが出てるなあ。まあ後半おざなりになるよりは前半駆け足の方が全然良いと思うわけですが、もう勝平とか出してる暇なさそうっすね。ゆきねぇも軽く流されそうな気が。
| アニメ・TV | 02:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
CLANNAD 第1話 桜舞い散る坂道で
pict

 TBSアニメフェスタのときと違って今度はしっかりと事前知識があるので、また違った視点で見れて新鮮。とにかく藤林妹の腰から太ももにかけてのむっちり感は何事かと思った。京アニはいつも僕らに夢を見せてくれます。渚は不動として、OPに専用カットインがある杏、ことみ、智代、風子のそれぞれのルートを脚本に盛り込んでいく構成になるのかなと想像されるわけだけど、恋愛を主題から切り離すのが困難そうな杏、智代の二人はどう本筋に絡めていくのか気になるところだなあ。作画・演出は文句ないので、毎週の楽しみがひとつ増えたことが素直に嬉しいね。モノクロの世界が、渚と出逢ったことで色づく序盤の演出が、やっぱり凄く綺麗だな思います。次回はことみ、風子と一気に出てくるようなので楽しみ。
| アニメ・TV | 03:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
D.C.II 第1話 小さな恋の季節
pict

http://www.starchild.co.jp/special/dc2/

 とにかく次回予告担当がエルニーニョ絵里奈であることに感動した。このために毎週観てしまいそうだぜ。CVの大幅変更に関してそこまで気にならないのは、原作に対する愛が不足しているせいなのかなあ。(勝平はないだろと思いましたが)作画はぼちぼち。ことにEDのセンスは個人的にかなり好みなのでGJと思った。ともあれ「言っておくが、D.C.IIは最初からクライマックスだぜ」状態な第1話なので、今後どう話を発展させていくのかが見どころなのだと思います。何事もなく各話オムニバス形式だったら笑いますが。バンブレは今後しだいでは切るかもしれないけど、スケッチブックは視聴継続予定なので月曜は忙しくなりそう。
 そういえば原作は杏ルートの途中で止まってることを今思い出した。再開するにはいいタイミングなのかな。色々溜まってて身動き取れないのが現状なんですが。

 ふと思ったけど、結局前期は通して見たアニメが皆無になってしまったなあ。らき☆すたもラスト2話録ったまんまで放置してますし。今期はCLANNADはじめ、幾つか観ようかなという作品はあるけど、どこまで通して観れるかは微妙なところ。自由になる時間の総量に変化はない中で、アニメの優先度が自分の中でかなり低くなってきているせいというのもあるのだろうけどね。もしかしたら近い内に引っ越すことになるかもしれないので、そんなこと言いつつ、引越し先でケーブルTVがないとなんだかんだで不便だと思うのかもしれませんが。CLANNAD、D.C.II、プリズム・アーク、レンタルマギカ、スケッチブックあたりは追いかけていきたい所存。
| アニメ・TV | 11:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
らき☆すた 第12話 「お祭りへいこう」
pict

 柊姉妹のそれぞれのリボンがちゃんと紅白になってるあたり芸が細かいなあ。コミケの描写もなんだこりゃというくらい気合はいってたし、相変わらずひとつのシークエンスにつぎ込む仕事量がハンパないですね。気がつけばもう1クール消化目前になってきたわけで、そろそろゆたかやみなみが参戦してきそうな雰囲気でちょっと楽しみ。
| アニメ・TV | 23:27 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
らき☆すた 第10話 「願望」
pict

 かがみ&つかさの髪型入れ替えが不覚にも萌えた! アニメのつかさはホントにスタッフの愛を感じるなー。

 関連:2007年夏期に放送が開始されるアニメ一覧
 それはそうと7月からもけっこう始まるんですね。ななついろとスクデイは見ようかなあ。ドージンワークも多分。ぽてまよも1話はとりあえず見るかも。
| アニメ・TV | 00:31 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
ひだまりスケッチ ★★★
蒼樹うめ,新房昭之,阿澄佳奈,水橋かおり,後藤邑子,新谷良子,松来未祐,伊藤良明,長谷川菜穂子
アニプレックス
¥ 3,938
(2007-03-28)

 結局2クール目のコードギアスを例外にすれば、今期で唯一リアルタイムで通して見たアニメになったなあ。人員不足・低予算を逆手に取ったような演出(背景や小物が実写取り込みだとか)とか各エピソードの順番がバラバラだったりとか、見始め時点でちょっと引っかかる部分もがあったりしたのだけど、見終わる頃にはいつの間にか慣れてしまっているこの不思議。作画が大きく落ち込むこともなかったし、4コマをアニメにする難しさを考えれば、原作の雰囲気を崩すことなく、独自の切り口で見せてくれたあたり、ポイント高い作品だったのではないでしょうか。(さすがに「富士山」には参ったけど)
 とにかく評価したい点としてはメイン4人のキャスティングに尽きるかなあ。ヒロさんと紗英も良かったと思うけど(新谷良子もずいぶん達者になったよね)、ゆのはもうこれ以上ないってくらいイメージに合ってたと思うし、宮も1話の時点では「この宮はねーよ」とか思ってたのに、気がつけば水橋かおり以外ありえないよと言うくらいしっくり来るようになってしまいました。この2人に関しては、ここ数年のアニメの中でも(最も見ている数自体少ないので大げさかもしれないけど)ベストと言っていいくらいのキャスティングだったと思えるなあ。OP・EDに関しても今期の主題歌の中ではトップクラスだと思うし、(特にEDはベスト)「声」がこの作品になした貢献度というのは、ちょっとはかりしれないものがあると思います。原作がゆるゆるまったりなので、アニメも特に大きなヤマもなくゆるい感じに終りましたが、原作のネタがまたほどよく溜まってきた頃に、第二期みたいな話が出てきてくれると嬉しいね。癖もあったけど、構えて見る必要のない、のんびりした時間を過ごせた、良い作品だったと思います。
| アニメ・TV | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |