CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< ミナミノミナミノ ★★☆ | main | 魔法少女リリカルなのは Sound Stage 01 ★★★ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Peace@Pieces(ユニゾンシフト) ★★★☆
pict

http://www.softpal.co.jp/unisonshift/

 まりりんルート終わりました。まりりん最恐!! 今までも各ルートでその存在感の強烈っぷりをアピールしてきましたが、メインルートではさらに大爆発。歴代金田まひるキャラの中でも、トップクラスに位置するハイテンションなキャラじゃないでしょうか。漢気溢るる台詞・演技に痺れます。
 お話の方ももはやなんでもアリというか荒唐無稽というか、ちょっとやそっとのアラはすべて「まりりんだから」の一言で説明できてしまいますね。人の運命すら変えてしまうまりりんの強烈な力も、「スーパー魔女っ娘パワー」の一言で終わらせてしまうところが素晴らしい。エンドロール後の銀髪キターな展開も笑えたなあ。ある意味まりりんというキャラはぴす@ぴすの世界観やバランスを根底から崩しかねないパワーを持ったキャラなので、まりりんルートは外伝扱いとしてとらえた方が良いのかもしれませんね。凄すぎるぜまりりん。
 というわけで、これでぴす@ぴすコンプリートしましたので、簡単に総括的な感想など。
 とにかく、今までのユニゾンシフトのゲームの中では折り紙付きに面白かったのは確かで、「こういうゲームを作ってくれたら嬉しいのにな」というユニゾンに抱いていた漠然とした願望を、かなりの形で叶えてくれた作品なのではないかと思います。
 その最大のファクターは、ひとえにキャラクター描写に尽きるのではないかなと。今までのユニゾンキャラ同様(のいぢ先生原画のゲームの話ね)、暗い過去、重い設定を背負ったキャラクターばかりなんだけど、それを吹き飛ばすくらい元気で、パワーがあって、楽しくドタバタしているのが本当に花丸。作品に対する自分の最大の評価基準は、「こいつら毎日楽しそうに暮らしてるよなあ」という雰囲気がどれだけ楽しげに伝わってくるかどうかに尽きるところあるんですけど、ぴす@ぴすはそんな雰囲気に満ち満ちていたように思います。キャラクター同士のからみも楽しいし、メインキャラだけでなく、デス先生やぴよ、生徒会三人組といったサブキャラもすごくいい味出してましたし(主人公のキャラも今までで一番立ってたのも勝因のひとつかもしれないね。貴重なツッコミ役かつ苦労性というところが味でした)、良かったなあと思います。(カズ君だけはちょっと弱かったですけど)
 そんなドタバタコメディ中心の前半にシリアスな後半が負けている、という弱点はもうしょうがないのかなと。多分、そのあたりを上手く描けるが描けないかが(テンションをグッと盛り上げていけるか)、名作と佳作を隔てる境界線なのかな、という気がします。そういう意味ではユニゾンはまだまだ。でもそのマイナスを補って余りあるくらい自分は楽しかったので、まず満足ではあるんですけどね。
 ビジュアルに関してはのいぢ先生最高(ぺろさん含む)、音楽に関しては水月陵最高ってことで。この二つの要素に関してはまったく心配していなかったので、期待していたものを期待以上のもので返してくれました。立ち絵の各種パターンとミニウインドウのコミカルなCGも全部回想モードに収録してくれれば良かったのにな、というのが唯一の不満といえば不満かな。
 システムに関しては、セーブ、ロードが一度メニューを開かなければできないというのがちょっとわずらわしいのと、バックログがマウスホイールに対応していないというのが不便すぎるかと。このあたりは修正バッチとかで対応してくれると嬉しいです。それ意外はおおむね不満なし。
 なんかとりとめがなくなってきたのでまとめますけど、とにかく「ユニゾンシフトやってくれた!」という一言に尽きるかな。それ以外はちょっと浮かばないですね。掛け値なく名作、と言うにはまだまだ足りない部分多々ではありますけど、それ以上にヒカルやナギたち、楽しいキャラクターたちの楽しいやりとりが本当に魅力的で、それで充分満ち足りた作品だと思います。とにかくユニゾンシフトがやってくれた! さっくり延期しちゃいましたけど、かぷりちおも買おう。ホント頑張ったよ。
| ゲーム ★★★★ | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:11 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。