CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< とある魔術の禁書目録 ★★☆ | main | はにかみトライアングル ★★ >>
パルフェ 〜ショコラ secone brew〜(戯画) ★★★★☆
pict

http://www.web-giga.com/

 里伽子ルート終わり。「その設定はちょっと卑怯すぎるよ」というくらいあざとい演出なんだけども、ラストの盛り上がりはやはり尋常ではなかったなあ。ノーマルエンドで同じ結末をあえて先に見せておいて、その裏側をトゥルーエンドで示すという二重構成もお見事。前作ショコラをセルフパロディしつつも、二番煎じにならないような作品作りがパルフェのスタイルであると思うのですが、多分一番気を使ったのがこの里伽子ルートであり、先日の恵麻ルートであったと思うのですよね。ま〜姉ちゃんは単純に翠と括るわけにはいかないですが、里伽子は明らかにRippleのあおい、ショコラの香奈子さんと続いてきた「丸戸型メインヒロイン」の系譜を辿るキャラであることは間違いないわけで、自分を含めてユーザーの期待も半端ではなかったと思うのです。(実際、あおいや香奈子さんルートをネタにした会話も幾つかあるように)その中で、単純な焼き直しにならないよう、といって今までのお約束を大きく外さないよう、という匙加減は本当に難しかったと思うのですが、個人的には素直にお話に浸ることが出来ましたし、良かったと思います。ネタバレになるのもアレなので抽象的な表現でまとめますが、「想いの強さ」というものが丸戸作品のヒロインを特徴づける大きな要素のひとつであるような気がします。とにかく里伽子頑張った。仁も頑張った!(そう考えると、恵麻エンドの里伽子の言動もお茶目という言葉だけでは片付けられなくなってしまって、なんだか泣けてくるなあ。だって左手で「握手」してるんだもん)
 というわけでコンプリートしました。ショコラの続編として、また新しいひとつの作品として、パルフェは申し分ない作品と言えるのではないでしょうか。どのヒロインのエンディングも、「ヒロインの満面の笑顔」で終わっているところが、この作品の雰囲気を一番よく現している部分のような気がします。(恵麻エンドだけは例外ですけど、あれはあれで幸せな結末と言えなくもない)ショコラと比べてどう、と無粋な比較をしてしまうと、やっぱり自分はショコラに軍配を挙げてしまうわけですが、それは多分にファーストインプレッションの印象も大ではあるのですよね。ファミーユの面々もキュリオの面々と変わらないくらい好きだし、だからこそ幸せな結末を迎えて欲しいし、どうせ幸せになるなら思い切り幸せになって欲しい、とそう思います。そして心からそう思わせてくれるようなキャラクター、そのキャラクターたちが醸し出す作品全体の雰囲気──を作り上げ演出した丸戸史明さんはじめパルフェ制作スタッフの手腕に改めて敬意を。
| ゲーム ★★★★★ | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/624