CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 空ノ鐘の響く惑星で(9) ★★★ | main | 断言されてもなあ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
あえかなる世界の終わりに(キャラメルBOX) ★★★
pict

http://www.caramel-box.com/

 終わりました。体験版での手ごたえどおり面白かった──のは面白かったんだけど、全体的に説明不足・消化不良な部分も残るので、手放しで褒められないのは難しいところです。今時のADVには珍しい骨太なサスペンスで良いと思うし、キャラクターもなかなか魅力的で楽しいんだけど、クライマックスはやっぱりひと味足りない感じがするんだよなあ(湖でのイベントあたりは最高に盛り上がるんだけどね)。開示されない謎も多いまま物語が終息してしまうので、そのあたりに「食い足りなさ」を感じてしまうのもしれません。あとこれはキャラメルBOXの作品全体に言えそうな通癖なんだけど、とにかく共通ルートが大半を占めるのも、繰り返しプレイの興をそぐという意味ではマイナスかな、と思います。「めぐり」ほどではないにしろ、八割近くは共通ルートなんじゃないかなと思うし、メインであるリップル、ひまわりはともかく、柚子、千冬、ナギの(ヒロインとしての)扱いの薄さといったら泣けてきます。(あとCGも一枚絵によってはかなり微妙なのも。アトが死ぬシーンのCGなんてパース狂いすぎのような)
 とまあ、問題点をあげたら意外にキリのない作品だったりするのですが、それでもこの作品が素直に好きだと思えるのもまた確かなんですよね。それはやっぱりメインどころのキャラクターが魅力的に描けていたからだと思うし(特にリップルは近年の青山キャラの中でも三指に入ると思う)、このちょっと古くさい設定のお話が個人的にツボにハマったからなんだろうなあ。(ひまわりの「血がつながっていてほしい」&「兄様」発言はどうかと思ったけど、その、なんだ、萌えた)エースとの関係も、もうちょい掘り下げてくれればクライマックスはもっと盛り上がったんじゃないかとか、各所ブラッシュアップしてくれれば、もっと良い作品になってくれたんじゃないかという思いはあるので、そのあたりは残念ですが、それはこの作品が光るものを持っているからこそ出る欲目なんだろうね。面白かったと思います。次回作にも期待だ。
| ゲーム ★★★ | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:46 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/586