CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< Symphonic Sweet | main | 十三番目のアリス ★★☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
キラークイーン(FLAT) ★★★☆
pict

http://flat.web.infoseek.co.jp/

 良く考えられているなと思う部分と、ちょっと強引に思えてしまう部分が混在していて、そのあたり荒削りという印象はどうしても拭えないのだけど、骨子となる物語やその中で描かれる人間描写は非常に魅力的に書けていた作品だと思います。見ず知らずの人間たちが、閉鎖された場所に閉じ込められ、リミット内に外さなければ爆発する首輪を付けられ、殺し合いを強要される──容易にバトル・ロワイアルを彷彿とさせる設定ながら、単純な模倣に終わらず、きちんと独自のルールを構築・物語に施している点は評価できるし、その過酷な状況の中でも折れることのない人の意志、強さ、優しさといったものを、陳腐な展開と韜晦せずに真正面からテーマとして据えられている部分は実に健速さんのお話らしくて好きだなあ。
 キラークイーンで目を引いて面白いなと思った点は、「参加者ごとにゲームのクリア条件が違う」ところにあると思うのだけど、互いのクリア条件によって利害関係が一致する者や背反する者が出来、人間関係が共闘か敵対か、という方向に流れていく。またこのクリア条件を偽装できるJOKERの存在によって、一抹の疑心暗鬼が常に漂う緊張感。エピソード1ではJOKERの持ち主は早期に判明してしまうのだけど、エピソード2では(途中で展開が読めてしまった部分はあるけど)JOKERがJOKERらしく、上手く使われていたと思います。逆に言えば、こういう秀逸な《ゲームのルール》を土台としておきながら、エピソード1も2も、クライマックスはそのルールの外において物語が収束してしまっていて、セロサムゲームとしてのシャープな面白さは失われてしまっているのはちょっと残念。(ゲームマスターの存在とか、変化していくクリア条件とか。エピソード2の、優希がもともと首輪を破壊できるスキルを持っていた、というのもちょっと反則に近いと思う)中盤まではこのあたり非常によく描けていて、ハラハラしながらストーリーを追いかけていたのだけど、後半は話がゲームのルールから逸脱して(逸脱を含めてゲーム、という話にはなるのだけどね)別の方向にシフトしてしまうのは、元のルールが秀逸なだけに、勿体ない部分あるなあと思ったりしてしまいました。
 あと残念な点を挙げるとすれば、決定的なボリューム不足に尽きるかな、と思います。1,500円という価格設定でフルボイス(しかもそれなりに豪華なCV陣を起用して)というあたり、最初から限界値は定められていたのかもしれないけど、エピソード2の後に3、4、と当然続いていくのだとばかり思っていたたけに、「え、これで終わっちゃうの?」という肩すかし感は拭えないものがありました。主催者側への踏み込み、可能性を残したまま死んでいったキャラクターたちのフォロー(特に麗佳なんかは、パッケージをピンで飾っているわりに活躍が妙に中途半端な気が。当初は専用ルートが予定されていたことを偲ばせるなあ)、まだまだ書いて欲しい、書かれるべき物語は山ほど残っていると思うので、そのあたりの可能性が手つかずのままおわってしまったのは、返す返すも残念だと思います。
 ともあれ、値段以上に楽しめた部分はもちろんあるので、そこは大きく評価したい作品では、まずあるかな。シナリオ:健速、というクレジットで期待したとおりの(多少出来すぎの感はあっても)──極限的な状況下において、弱さや脆さをさらけ出してしまう人間がいるのと同様、強さ、優しさを失わない人間だっている、という──ドラマは存分に見せてくれたと思うので、そのあたりは相応に満足。だからこそ、心の底から惜しいと思えるし、もっともっと広がっていける余地のある作品だと信じられるのだけどね。
 というわけで、冬ないし、今後の展開において是非エピソード3以降の追加シナリオの充実を期待したいところです。(パッケージにゲーム、と銘打ってあるわりに、選択肢がひとつも存在しない点もなんとかできれば…)物語そのものについては、また別の機会に言及することもあると思いますが、今はとりと めもなくなりそうなので、このくらいで。
| ゲーム 同人ソフト | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:16 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/568