CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(7/31) | main | 今日のトピック(8/2) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
らぶでれーしょん! ★★★☆
pict

http://www.hook-net.jp/smee/love/

 らぶでれも面白かったなあ。ラブラブルを先にプレイしてるせいもあって、どうしても感想が比較気味になってしまって申し訳ないのだけど、イチャラブ度に関して言えば、ほんと甲乙つけがたい出来だと思います。服装チェンジはないけど、髪型変更は各ヒロイン3パターンあって(ラブラブルは2パターン)楽しかったし、日常シーンのドタバタぶりはラブラブル以上にエキセントリック(*1)で、(同一コンセプトの)前作だけあって良い意味で尖ってるなあという印象でした。(*2)ハーレムルートに関しても、自分はラブラブルを先にプレイしてるせいもあって「なくてもいいかな」と思いもするんですが(サシのイチャラブにリソースを注いで欲しいので)、ルート単体としてはほんと良い意味で頭が悪くて笑いました。このあたりは、おるごぅる先生の仕事なんですかね。
 残念な点としては、まずデフォルトネームがない(*3)ので、ヒロインが「名前を呼んでくれないこと」。これが第一だと思います。ラブラブルが仲良くなるにつれて名字呼びから名前呼びや愛称に変化していくのに対し、らぶでれは最後まで「あなた」とか「キミ」なので、このあたりはかなり勿体ないなと思いました。あと、共通ルートに入ると、他のヒロインの出番がまったくなくなってしまうのも、ちょっと寂しく思った点のひとつかな。ラブラブルは、攻略外のルートでもヒロインそれぞれが良い味出してたと思うので。このあたりは、最後にハーレムルートが控えているという構成上の事情もあるのかもしれないですけど。
 とはいうものの、ラブラブル同様、イチャラブゲーとしては際だった糖度を誇る作品であることは間違いないと思うので(絵はかなり癖がありますけど)、探し回って良かったなと素直に思えます。TJR派だったのでSMEE作品はリリミエスタ以来まったく手を出していなかったんですけど、工夫を重ねて、個性ある良作を出してくれるメーカーなんですね。次は同棲ラブラブルを楽しみに生きていこうと思います。

(*1)クラスメートが異常に弾けてる。
(*2)受け手によってはスベってるというか、「寒い」と感じるシーンも多いかもしれないですけど。
(*3)あるにはあるけど、主人・公というネタみたいな名前。(当然呼んでくれない)このあたりは主人公=プレイヤー自身、を追求した結果なのかな。ラブラブルではそこが改善されているあたり、らぶでれをふまえて、作りがより丁寧になってる感じが見て取れて良いですよね。
| ゲーム ★★★★ | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:28 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2841