CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(7/10) | main | ロウきゅーぶ!(8) ★★☆ >>
神なる姫のイノセンス(4) ★★☆
 4巻目にしていよいよ物語が大きく動き出してきた雰囲気。王の寵愛をめぐって、ヒメ神たちが相打つという構図は、ちょっと舞HiMEあたりを彷彿とさせるものがありますね。前巻で散々匂わせていた通り、千華はやっぱり腹に一物あったわけですけど、その動機はしごく真っ当なもので、多かれ少なかれ全てのヒメ神たちが抱えている懐疑なんじゃないかという気がします。
 7人目のヒメ神に関してはもうバレバレな感じですけど、ここまであからさまだと実は貴理じゃないんじゃないか、という気がむしろしてきますねw いやそこは鏡遊先生を信じてますけど。
| 本 ★★★ | 22:19 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2819
神なる姫のイノセンス 4巻 レビュー
桃花泉女子学院も夏休みに入り、祐貴は6人のヒメ神達と神堂家が所有する無人島の別荘でバカンス。 初対面から好意的で婚約者である朱音との『誓約(エンゲイジ)』はあっさり完了 ...
| ゲーム漬け | 2011/08/17 9:09 PM |