CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 穢翼のユースティア(6) | main | 今日のトピック(5/13) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
穢翼のユースティア ★★★☆
pict

http://august-soft.com/eustia/index.html

 正味20時間くらいかな? 1本の物語を読み切ったという満腹感と、一抹の寂寥感が残る作品でした。作品の雰囲気からして、単純なハッピーエンドでは終わらないんだろうなという印象はありましたが、予感の通り、切ない余韻を残す幕引きだったと思います。エンドロール後、特に後日談のようなエピソードは用意されず、ただシンプルな一枚絵が表示されて終わっているのも、ヒロインひとりひとりに明確な「その後」を用意して幕を下ろした前々作(FA)とは対象的だったなあ。
 終盤の展開はちょっと勢いで終わらせた感もあるし、カイムらの苦悩の描写も少し堂々巡りな感じがして(リシアルートまでは非常にテンポが良かっただけに)残念に感じた部分もなくはないんですが、それぞれのキャラクターにそれぞれの決着を与えて、きちんと幕を下ろしている点は、個人的にポイント高いと思います。ユースティアは急に路線を変更したというより(*1)、どちらかというと最初期(王宮魔法劇団の頃)に回帰したのかなという印象がちょっとあって、こういう苦い結末が用意されてるドラマを、一気に描ききるだけの地力を、オーガストは作品を出すごとにつけていって、今作でそれが(ひとつの形として)実を結んだ面もあるのかな、とふと思ったりしました。
 ともあれ、相変わらずHシーンになるとちょっと変になるのが玉に瑕ですけど、CG、足回りの安心感は群を抜いてる(今回は特に背景が素晴らしい)と思いますし(*2)、好みはあると思いますけど、今までのオーガスト作品の中で最も、強いドラマ性を感じさせてくれる作品でした。プリホリのファーストプレイを越える衝撃にはちょっと及ばないですけどw、オーガスト作品の中でも、なかなか印象深い作品になったんじゃないかと思います。

(*1)あけるりMCあたりからドラマ性が強くなってきた印象はありますが。
(*2)不満といえば、メニュー画面がちょっと出しにくいのと、ティアのが大きすぎて、テキストウインドウの文字を隠してるくらいかなw
| ゲーム ★★★★ | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:07 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2755