CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(4/30) | main | 穢翼のユースティア(3) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
電波女と青春男(8) ★★★☆
 2巻からこっち、どこか日常の延長のような雰囲気で続いてきたせいもあってか、「これで終わり?」というあっけなさと、それでいてどこかしっくり来る感じが同居しているような、不思議な読後感でした。本編に登場してきた自称も含む宇宙人たちは、けっきょく謎を残したまま。人間関係も大きな進展を見せず、登場人物たちに数奇な運命が降りかかるような壮大なドラマもない、終始「少し不思議な登場人物たちによる、青春と日常の物語」に徹していた作品だったと思います。キャラクター同士の生き生きとした掛け合いが楽しく、少しずつ見て取れたエリオの成長が微笑ましいお話でした。☆7つはシリーズを通してのの評価ということで。SF(すこし・ふしぎ)の方も早く崩さないと。
| 本 ★★★★ | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:07 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2742