CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 絶対☆霊域(1) ★★☆ | main | 今日のトピック(1/25) >>
桜花センゴク〜信長ちゃんの恋して野望!?〜 ★★☆
pict

http://www.t-apricot.jp/products/ouka/

 随分と間が空いてしまいましたが、輝元ちゃんルートを回収して無事コンプリート。美少女に転生した戦国武将たちが集う「戰獄学園」を舞台に、クラスを国に見立てて合戦、合戦、また合戦──という基本ネタはすごく魅力的ではあると思うんですが、その設定の面白さを完全には生かし切れなかった、という印象も同時に持ってしまう作品ではありました。
 学園とはいうものの、あくまで舞台が学園というだけで、特に後半は(神仏の争いも絡んだ)血みどろのバトルアクション一辺倒なので、いわゆる「学園もの」らしさを感じられるイベントが少なかったな、というのがまず勿体ないと思う点のひとつかな。当初のイメージであった「クラスを国に見立てた領土(珠)の奪い合い」から、「学園全体を危機に陥れる存在との戦い」にだいだいどのルートもすぐシフトしてしまって、どうもせっかくの設定がスポイルされてしまっているのが、個人的にはすごく惜しいなあという気がします。(後半の展開が全体的に冗長気味に感じるのもマイナス点ではあるかなあ)まあ、個人的に期待していた方向ではなかった、というのもこの作品を微妙に感じてしまう大きな理由ではあると思うのですけど。
 ただ、要所要所のシーンでは史実の武将のネタとも絡めて、すごくキャラクターが良く描けている部分もあるし、細かい部分でもツボをおさえた描写が随所にあったりして(*1)、ただキャラを当てはめただけではない、世界観作りへのこだわりは好感が持てるのは確かだと思います。これでもうちょっと「学園もの」を前面に押し出した(賑やかでお祭りめいた)明るい展開の比重を高くして(シリアスな展開も当然あっていいと思いますが)、ガラシャちゃんルートがあって、毛利三姉妹との4Pがあってくれれば、文句なく四つ星はつけれたと思うんだけどなw 追加武将や立ち絵のないキャラの救済も含めて、そのあたりはファンディスクに期待しようと思います。出てくれると良いな。(*2)

(*1)老覆舛磴鵑寮里涼看い「大内先生」とかそういうあたり。
(*2)その前にコンシューマ半が出るんでしたっけ。
| ゲーム ★★★ | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2643