CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(9/15) | main | 今日のトピック(9/16) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アッチむいて恋 ★★★☆
pict

http://www.asa-pro.com/

(微ネタバレありますので、ご容赦願います)

 アチ恋終わりました。物語やドラマチックな展開で見せていくというより、キャラやシチュエーションでグイグイ押していくタイプの作品だと思うんですが、ヒロインたちが良い意味で2、3本ネジが飛んだキャラばかりなので(特に優由のキャラ立ちは異常)最後まで楽しくプレイ出来ました。そしてなにより、学園では普通に男の子として、女子寮では女の子として暮らす、というこの「二重生活」が、なかなかに秀逸な設定だったと思います。学園で会話していた女の子が、寮に戻れば自分のことを「気になる男の子」として話している、まさにキャッチにあるとおりの、「ヒロインのウラを垣間見る」というこのシチュエーションは、新鮮なものがあったなあ。
 各ヒロインのルートはけっこうバラつきがあって、特に序盤から男バレするルナやかぐやのシナリオなんかは、(男バレという)ビッグイベントをルートのヤマに据えられないせいか、他3人と比べてちょっと物足りない感じを受けますね。(特にかぐやルートは後半寮メンバーがほとんど話に絡まないので…)ルナのお話なんかは、兄妹恋愛ものをガッチリやろうとしてて本来好物のはずなんですが、どうも見せ方が上手くないというのもあるせいか、中盤までのスラップスティックなノリとは真逆のウジウジしたテンションの方が気になってしまって、今ひとつな印象を受けてしまいました。
 対して、朱、美奈子、優由の3ルートは、男バレの原因もそれぞれにバリエーションがあって楽しかったかな。(優由ルートの男バレシーンには軽く吹きました)深刻な関係悪化に陥るのは美奈子だけで、他の2人は変な勢いで受け入れてしまう展開になるのは、この作品らしくて良いなと思いました。男バレ以降はドラマらしいドラマもあまりなく、けっこうすぐに終わってしまう印象なんですが、シリアスなシーンにもいちいち細かいボケを入れてくる作品スタイルは、なんというか最後まで勢いがあって、良かったなと思います。
 そんなわけで、尺も短めで、ドラマ性もあまりなかったり、ルート単位でばらつきはあったりと、気になる点もなくはないんですが、それを補って余りあるシチュエーションの秀逸さと、キャラの掛け合いの楽しさ(特に序盤から中盤にかけての、女子寮メンバーを中心にした日常パートの楽しさ)が特筆の作品だと思います。ほんと、これであとはメテオルートさえあれば言うことなかったのに…。
| ゲーム ★★★★ | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:40 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2507