CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(11/11) | main | 今日のトピック(11/12) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
あかね色シンフォニア ★★
 DTM部という切り口は面白いし、女の子たちがキャッキャウフフしてるさまは微笑ましくもあるのだけど、読み終えたあとに感じるこの物足りなさはいかんともしがたいものが。ページの大半をDTMや機材に関する講釈で使われていて、ドラマらしいドラマがあまり感じられなかったのも原因のひとつではあるのかな。(もちろん、主人公であるそながDTMに出会い、夢中になっていくお話としてブレてはいないのだけど)また全体的にキャラを作りすぎてるきらいもあるせいか、キャラ同士のやり取りがどうもわざとらしく感じてしまう部分もあり、そのあたりも、もうひとつお話にのめり込めない一因だった気がします。(*1)(登場人物が大勢いる分、スポットの当たらないキャラも多いですし)
 ただ、今回はいかにもシリーズもののの第1巻という感じなので(タイトルに1、という記載はないですけど)、1冊まるまるプロローグ&キャラの顔見せといった面も強いのかな。前述したように切り口は非常に面白いお話ですし、ポテンシャルの高さは十分に感じさせてくれる作品ではあるので、なにかの拍子に一気に化けてくれると嬉しいです。(というか続きますよね?)

(*1)ドラマ性の薄いゆるいお話はむしろ好物の部類なので、やっぱりキャラがしっくり来なかったのが一番の原因なのかな。(百合にはさほど抵抗はないんですが)この作品がきららライクな4コマだったら、そのまんまのキャラ・設定でも美味しく頂けたと思うんですけどね。
| 本 ★★ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:30 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/2113