CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< ふおんコネクト!(3) ★★★☆ | main | 今日のトピック(5/29) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
シークレットゲーム -KILLER QUEEN-DEPTH EDITION ★★☆
pict

http://flat-software.com/SecretGame/

 追加要素以外はコンシューマ版との変更点はあまりないので、感想も短くまとめますけど、かりんルートはなんかもやもやしたものが残りますね。あれはあれでひとつの終わり方だと思うので否定する気はないですけど、追加されたかりんルートのために買った身としては、なんとも切ない気分です。
 あと追加されたHシーンのタイミングが微妙すぎてちょっと笑いました。咲実と渚はまだしもとして、落とし穴に落ちてアバラが折れてるのにやっちゃうかりんルートとか、「追っ手が来るまであと1時間はある。よし、セックスだ!」(意訳)な麗佳ルートはさすがにどうかと思いますw
 しかしプレイしなおして改めて、EPが進むごとにワクワク感のしぼんでいく作品だなあと思ってしまいました。この作品が本来持っているシンプルな面白さが、物語が進むにつれ、(エクストラゲームの多発、第三者の介入、ルールの逸脱によって──)スポイルされまくってる気がするんですよね。それでもEP2、EP3なんかは麗佳・渚のヒロインとしての魅力で牽引してくれてるんですが、ちゃぶ台をひっくり返すようなEP4の急展開は、なんというか脱力感に溢れたまま幕引き、という感じがどうしてもしてしまいます。この物語の最後が笑顔で終わったこと自体は、喜ばしいことではあるのですけど。
 …と言いたいことばかり書いてますけど、同人のキラークイーンから始まってコンシューマ版のSG、そして今回のDEPTHと洩らさず買い続けてるあたり、なんだかんだいって、このシリーズが好きなんだろうなと自分でも思います。それだけに、最後のあの展開はどっちらけなんだよなあ…。
| ゲーム ★★★ | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:49 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1900