CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(5/2) | main | 宙のまにまに(6) ★★★ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鉄道むすめ~Terminal Memory ★★★☆
トミーテック,MATSUDA98
アスキー・メディアワークス
¥ 599
(2009-04-27)

 鉄の素養がまるでない自分でも、楽しく読めたコミカライズだと思います。銚子、三陸、広島の3鉄道を舞台にしたオムニバス形式なんですが、それぞれの鉄道に仮託されたヒロインはしっかりキャラが立っていたと思うし、ささやかな物語を感じさせるエピソードがあって、ホロッとさせてくれたり、頑張る背中にほだされたり、なんだか読んでいて優しい気持ちにさせてくれるような作品でした。作中の岸山同様、訪れるその土地、その路線に思い入れを込めて描いている感じが伝わってきて、なんだか本当に銚子や三陸、広島に立ち寄りたくなるような気分にさせてくれるのですよね。作画(MASTSUDA98)目当てに買ったコミックなんですが、思いの外満たされた気分です。
| コミック ★★★★ | 09:48 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:48 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1856
鉄道と漫画・MATSUDA98篇 19才の「鉄道むすめ」はなぜ死んだか
 当ブログでは前にも「鉄道とマンガの話」なるシリーズをやっておりましたが、久しぶりのその続き、みたいな話です。  先日、書店で平積みになっていたのを何気なく見かけ、つい購入してしまったのがこの一冊。 MATSUDA98(ストーリー協力:明科実祐、原案:トミー
| 筆不精者の雑彙 | 2009/05/13 12:58 AM |