CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 学校の階段の踊り場 ★★★ | main | 今日のトピック(4/10) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle- ★★★
pict

http://august-soft.com/

 始める前は後日談中心の、いわゆる普通のファンディスクなのかなと思ってたんですが、思いの他しっかりとしたお話もあって嬉しい誤算。特に新キャラであるところのシンシアのエピソードはあけるり本編を多分に補完してくれるようなお話で、シンシアの技術者としての矜持、「普通の少女」としての弱さ、フィアッカとの絆、そして達哉との恋愛という要素がほどよい尺の中にほど良く詰め込まれていて、読みごたえがありました。本編ではまるで出てこなかった平行世界という設定がいきなり飛び出てきたときはどうしようかと思いましたが(*1)、ドラマとしてもしっかりと盛り上げどころも用意してくれて良かったと思います。まあシンシアというヒロインがストレートに可愛いキャラというのがまず大きなポイントだと思うのですけどw
 ただ、各ヒロインのエピソードに関してはさらっと終わってしまうお話が多いので(おまけシナリオも短いのばかりですし)、そのあたりは少し食べ足りない部分もあるかな。最後に出てくるフィーナのお話も、全てをまとめるようなエピソードではあるんですが、シンシアルートの後だとドラマ的にも、尺的にも少し物足りなさを感じてしまって、このあたりもう少し最後に盛り上がりが欲しかったなあという気がします。
 まあ、それでも民家に突っ込むシンシアとへたれ犬のごとく涼むエステルのシーンだけでお釣りが来る作品のような気もするので、なんだかんだで楽しく終われた作品ではあると思います。シナリオの突飛ぶりは作品を重ねるごとに徐々に薄くなってきてある意味寂しさを感じてはいましたがw、やっぱりオーガストはヒロインを可愛く描くという1点に関してはいつまでも手を抜かないメーカーだなと改めて感じました。

(*1)各ヒロインのエピソードクリア後にシンシアルートが開く、というフラグロックを導入部分で(SF的な演出として)活用してる部分は良いな、と思いました。
(*2)まあ本編のEDまでの空白の8年間をやるとまでは思いませんでしたが、達哉の父親に関してはここでもう少し突っ込んで描くのかなと思ってました。
| ゲーム ★★★ | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:41 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。