CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< BackStage(5) | main | 今日のトピック(1/31) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
BackStage(TJR) ★★★
pict

http://www.hook-net.jp/tjr/
 
 舞台演劇に関してはズブの素人ながら、学生時代に演劇の真似事をしていた身としては、「そうそう」とうなずけるシーンが随所にあって、ほどよい距離感で楽しめた作品でした。だから序盤の「プロを目指している」という矜持と(プロへの)嫉妬、今の燻ってる自分に対する焦燥感で前が見えなくなっていたコーメイの気持ちは実感はないまでも想像できるし、上手い演者に対する憧れと劣等感、望む役を得られなかったときの失望感、そしてなにより舞台に上がったときのなんともいえない高揚感は、スケールこそ違えど身近な感情として思い起こすことができて、ひどく懐かしいものを感じてしまった作品でもありました。
 コメント欄でも少し書きましたが、舞台(役者)というもの、演劇というものを深く深く掘り下げた作品かというと、そのあたりはちょっと控えめな気がします。もちろん疎かにはされてはいませんが、それ以上にBackStage(舞台裏)というタイトルが示すように、バックセットという演劇チームに集まるキャラクターたちの人間模様・人間関係に多くの比重が傾いてる作品なんですよね。それでいて各ルートともに大きな仕掛けも、号泣するようなドラマも用意されてはいないので、ともすれば「地味」の一言で片付けられてしまう作品なのかもしれません。だけどそこを補って余りあるほど、キャラクターたちが個性豊かに、しごく魅力的に描かれているので、個人的にはそれだけである側面、満足できてしまう作品ではありました。自分がある作品を好きになる指針のひとつに、「その世界に(人間関係に)入り込みたくなるか」というのが大きなものとして挙げられるんですが、バックセットは本当、今すぐにでもあの輪の中に飛び込んで、どんな端役でもいいから一緒にひとつの舞台を作りあげたくなるような、そんな魅力ある「チーム」だったと思います。水鏡先生もコーメイも、安美さんもアリスも、ゆとりやさおりん、そしてカジーやもちろんミスターシンもみんな愛しいぜ。そして、そんなキャラたちに生き生きとした命を吹き込んでくれるCV陣に心からの感謝を。(あまり見慣れない名前・耳慣れない声ばかりでしたが、それでもどのキャラもピタッとハマっている、味のある良いキャスティングでした)
 ともかくも問題点も多々ある作品ですし(第一はとにかく立ち絵のパターン含めて、CGが少なめなことかなあ…)、ストーリーの作り込みという面においても掛け値なく良作!と手を打てる作品ではないかもしれませんが、個人的にはすごく好きになれた作品です。バックセットの愉快な仲間たちに愛を込めて。
| ゲーム ★★★ | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:26 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1706