CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(12/11) | main | ヨスガノソラ(1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
闘神都市III ★★★☆
pict

http://www.alicesoft.com/toushin3/index.html

(微ネタバレありますのでご注意)

 すこぶる面白かった!! そう断言は出来るのだけど、同時に物足りなさも若干残してしまった出来というか、「ここまでやってくれるんなら、もっとやってくれてもいいのに」という欲求をくすぐられるような作品だったと思います。第三部ともいうべき虹状石編に入ってから多少テンションが落ちたこともあり、その分ラストの核虹状石をめぐる大混戦は目まぐるしく事態が進展していって非常に熱いものがあったのだけど、それだけに結末のあっさり感は、「あれ?これで幕引きなの?」という食い足りなさが、どうしても否めないと思うのですよね。拡張付与と虹状石をめぐる一連の騒動、またその根幹に関わるキャラクターたちの幕自体はちゃんと下りているし、余韻を残す終わり方は嫌いではないんですが、今回の闘神大会を彩ってきた、たくさんの魅力あるキャラクターたちのそれぞれに、きちんと「その後」を与えて欲しかったなあという思いは、ほんと強く残るので。特にアザミは第二部のメインヒロインともいうべき存在感を放っていただけに、格別残念なものがあります。(レグルスもあれからどうなったんだよとという…)なんというかシナリオ構成上仕方のないこととはいえ、第二部において羽純・レメディアのWヒロインの出番がほとんどなく、その穴をアザミがカバーすべく頑張っていたのに、第三部でふたたび羽純・レメディアにスポットが当たってアザミがフェードアウトしてしまう形になってしまうのが(最後に多少の見せ場はあるとはいえ)、本当にもったいなく思えてしまうのだよなあ。(思うにこの第二部という「間隙」が、羽純のメインヒロインとしての存在感を弱くしてしまっている要因でもある気がします)
 とは言うものの、正味40時間ほど、どっぷりと楽しめた作品であることは確かなわけで、色々と不満点をあげてしまうのも、作品としてのベースが良いからだとは思います。前作であるところのIIは掛け値なしに名作だと思うし、そのメインヒロインであるところの葉月もすこぶる魅力的なヒロインで、そういうプレッシャーを踏まえてIIIを作るのは相当に勇気のいることだったと思うのですよね。その中で奇策に走ることもなく、実際これだけのボリュームの作品を作りあげることのできるバイタリティは素直に感心してしまいます。シリーズとしてはお約束ながら、第一部から第二部へ転じる流れ、ことに今回は「闘神大会が2回ある」という展開が非常に新鮮で面白かったと思いますし。そういう意味では第二部は単体としては非常に良かったと思うのです。ただ前述したように第一部と第三部の繋ぎという意味では(羽純とレメディアの存在感を継続しきれなかったという意味では)失敗していると思わざるをえない部分もあり、全体的な構成の甘さというか、こういう大作の難しさが出てしまっている印象もまたあるのですよね。(システム全体に関してはそう不満はないかな。戦闘は巷で言われてるほどには退屈ではなかったと思います。ただところどころで入るミニアニメはいらなかった気も…)
 なにはともあれ、14年の時を経て、こうして闘神都市の新作をプレイできたことは素直に喜ばしいことだと思いますし、不満点も数多くありますが、一心不乱に最後までプレイしてしまうあたり、なんだかんだで楽しんでしまってる証左ではあると思うのですけど。IVはまた15年くらい先なんだろうな…。
| ゲーム ★★★★ | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:28 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1624