CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< 今日のトピック(11/14) | main | 今日のトピック(11/15) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ストライクウィッチーズ ★★★☆
 「パンツじゃないから〜」で一躍メジャー街道にのしあがってしまった感もありますが(いや実際素晴らしい要素だと思いますがw)、友情・団結・勝利をまっすぐに貫いた、地に足の着いた面白さのある作品だったと思います。高い潜在能力を持つものの、空戦に関してはズブの素人だった芳佳が、501中隊との出会いと、ネウロイとの戦いを通して成長し、仲間との絆を深めていくさまは(智子がフォア・ザ・チームに目覚めていくいらん子中隊とはまた別のベクトルで)、シンプルな楽しさがあったなあ。11人のヒロインたちそれぞれにしっかりとした個性と、それぞれの人間関係をきちんと描いてくれたのがなにより良かったと思うし、空を縦横無尽に飛び回る空戦シーンも爽快で、作画的にも非常に見ごたえのある作品だったと思います。最終回で、ひとり戦う芳佳のもとに、ウィッチ隊の仲間たちが続々集まってくる展開は素直に燃えました。(あとはラストの別れをしっかり描いてくれれば言うことなかったのになあ…。ガリア復興に従事するペリーヌとリネットのふたりが、ふと扶桑を想うカットがあったりしてくれたら嬉しかったのに)
 物語全体に関しては、最後のシーンからも分かる通り、いかにも「第二期に続きます!」という感じで消化しきれてない部分も多いですし(まあネウロイのネタ割れに関しては、今後の作品で書いていく腹づもりではあるのでしょうけど)、前述したように、もうちょっと描き込んで欲しい箇所もあるのですけど、基本ポテンシャルの高い作品なので、続きを作ってくれればまあいいか、で許せてしまうところはありますねw 今後いくらでも膨らませていける作品だと思うので、そのあたりを期待しつつ、今後の動きを楽しみに待とうと思います。
| アニメ・TV | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:15 | - | - | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1590