CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
<< パルフェ(6) | main | パルフェ 〜ショコラ secone brew〜(戯画) ★★★★☆ >>
とある魔術の禁書目録 ★★☆
 もはやひとつの「定形」と言っていいほどに、主人公はひたすら前に突っ走り、敵には敵の「戦うべき理由」があり、そして必ず最後に救いのある、いかにもとある魔術〜らしいお話。(ヒロインのスルーされっぷりも「らしい」と言えるのかな)永山さんも書かれていたように、「本質的な意味での悪人が出てこない」という「とある魔術〜」の作風は、この作品を語る上で重要なポイントであるような気がします。どんな敵にも戦わねばならない事情があり、誰より優しいがゆえに表層的な「悪」とならざるをえない物語というのが、これまでの「とある魔術〜」の基本スタイルであることは確かで、鎌池和馬のその作風それ自体は好感が持てるし賞賛すべき要素だと思うのですけど、五巻も続くとさすがにマンネリに感じてしまう部分もあるかなあ。(特に闇咲のエピソードなんか顕著だね)かといって単純な勧善懲悪が良いかというと、それはそれでワンパターンだと評してしまうのが読者の身勝手さではあるのですが。
 なまじ土台がしっかりしていると、ついつい欲目が入ってしまう部分ありますが、そろそろ五巻目ともなると鎌池和馬の違った側面も見たくなるのが読者の情ではあるわけで、そのあたり、そろそろひと皮むけたその内側を覗いてみたい気がするなあ。(それはもちろん別の作品であっても当然構わないわけで)あといいかげん姫神のフォローもお願いします先生。
| 本 ★★★ | 13:28 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://mutukiseal.jugem.cc/trackback/1043
鎌池和馬 「とある魔術の禁書目録5」
JUGEMテーマ:とある魔術の禁書目録&nbsp;&nbsp; &nbsp; ◆とある魔術の禁書目録 シリーズ &nbsp;  待ちに待った、打ち止め(ラストオーダー)の登場です。ラストオーダーが &nbsp;  研究所を脱走して力尽きたところを救った
| こみち | 2011/12/11 8:20 PM |