CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
戦国ランス(AliceSoft) ★★★★☆
pict

http://www.alicesoft.com/

 このままだととりとめなく続けてしまいそうなので、ここでひと区切り。相変わらずシステムはよく考えられてると思うし、難易度のバランスも適度だしでアリスは流石だなと思います。正史ルートの進行度合(?)如何で無条件で事態が好転してしまうイベントがあったりと国盗りSLGとしてはどうかなと思う部分もありますが、去年のGALZOO同様、何気なく手をつけてしまって気がついたら朝でした的な中毒性には溢れてるなあ。(あと今回って鬼畜王みたいにIfの話なのかと思ってたら、正史ルートに関しては完全に正伝なのだね)
 欲を言えば魔軍や鬼や穴が一切出てこないで純粋な天下統一を目的としたモードがあったりとか、織田だけじゃなくて各大名でプレイできるモード(原家でクリアできるのだろうか…)があったりしてくれれば嬉しかったけど、それではメリハリがなさすぎるし、余りにもランスから逸脱しすぎてしまうかな。(初回ボーナスであるていど各勢力の戦力を吸収出来はするけど)とりあえずまだいくらでもやり残したところはあるので、周回プレイに励むとします。たしかにちょっと薄味かなと思う部分もあるけど、文句なく良作といえる出来なんじゃないでしょうか。正史ルートの場合は鈴女に飴を投げさせ続けていれば、事実上タイムリミットはなさそうなので、戦う相手がいなくなるまでやりこんでいけるのも嬉しいね。
(2/21追記。猿殺し含んだ全ルートをひととおり終えました。文句なく最高ランクの評価を与えられる作品だと思います。プレイ時間はGALZOOを越えたかなあ。それでもまだ見てないイベントや会話、キャラクリがあるから大したものだね)
| ゲーム ★★★★★ | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(追記)
 巨大イカ男爵ようやく撃破しました。というかどんな攻撃でも殆どクラーケンが落っこちてしまうので、まともに倒す以外エンディング見る方法がなくなってしまったのが理由なわけですが。(倒してもエンディングが殆ど変わらなかったのはしょぼん。クラーケンが助かるかなと思ったのに)レベル80オーバーのバルキリーとねこまたまたの応援応援、セクシーナイトの背水の陣2、毒玉満載のクスシとチューンナップした神風の割り込みで意外に楽に倒せたなあ。というわけで未だにGALZOOやってるわけですが、面白さは色褪せないです。挑戦迷宮も終わりが見えてきたことだし、そのあたりをひと区切りにして、次はパッチ当ててハードモードに手を出してみようかな。ハードの世界はレベルが200とか300とか別次元の世界という話なので(逆に言えばそこまで育てないと倒せないくらい敵が強いってことなんだろうね)やりごたえはありそうです。なんか他のゲームが手がつかなくなるくらい遊んでしまってますが、今年もちまちまやっていこうかと思います。隠し三人が転生できるようになるパッチ出ないかなあ。
(そろそろ「あえかな」も再開しないとね)
| ゲーム ★★★★★ | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(AliceSoft) ★★★★☆
pict

http://www.alicesoft.com/

 はずれ女以外全員仲間にして今は挑戦迷宮探索中。このままだといつまでもだらだらと続けてしまって終わりが来なそうなので、このあたりが区切りということで総括しておこうかな。ともかくも、さすがアリス、と頭を撫でてやりたくなるような、適度な難易度(ここ重要)と、リアクションがいちいち楽しい女の子モンスターたちのおかげで非常に魅力的なゲームに仕上がっていると思います。ぱすちゃCで復帰するまではしばらくアリス作品から遠ざかっていただけに、新鮮に感じた部分もあると思うのだけど、それにしてもこのバランスは絶妙。転生して子供になるというGALZOOならではの設定も、成体との微妙な違い(中には正反対のも)が楽しめて面白いし、きちんと専用グラフィックを用意しているところが芸が細かいなあ。女の子モンスター単体で考えると一枚絵の数自体は少なめだと思うんだけど、総数で30体近くいることを考えると、限界ギリギリまで頑張ってくれた感じで嬉しいね。
 惜しむらくはエンディングがちょっとそっけなさすぎるかな、という点(まあこのゲームは繰り返し楽しむのタイプのゲームだと思うので、あれはあれでいいのかな、とも思うけれど)、神風、髪長姫、デス子の二周目以降組に転生&子供モードがない点、二回目Hにもう少しバリエーションがあってもいいんじゃないかな、という三点くらいかな。どれも重箱の隅に近い要望なので、全体的にはすこぶる満足できるゲームでした。とりあえずこのまま終わってしまうのは惜しい作品だと思うので、ファンディスクというかアップデート版みたいなものを今後出してくれたら嬉しいなあ。次作はタクティカルバトル、というのも面白いかもしれないけれど、今のシステムはシンプルでかなり良いと思うので、そのあたりは考えどころですかね。ともあれ、アリス作品では多分、鬼畜王に次いで長い時間をかけて遊んでしまった作品になりました。とりあえず今はハズレハガシ確保のために頑張ります。
| ゲーム ★★★★★ | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(5)
 二周目霧の森。このちょっと前のオクト神殿のイベントで雷太鼓を倒したんだけど、勝つとバルキリーはイカに捕まらないのだね。今後の展開はどう変わるんだろうか。あとようやく髪長姫がエンカウントできたので(ハート7つなので即捕獲は出来なかったけど)頑張ってゲットしよう。二周目も色々発見があって面白いなあ。ああ止まらない。
| ゲーム ★★★★★ | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(4)
 一周目ようやく終わりました。一周目で従魔に出来る女の子Mは余さず捕獲したので、ハーレムエンド
エリナ人間or魔物合わせて回収)を迎えたわけですが、EDはいやに地味というか一枚絵のひとつもないのだね。(エンドロール後にてんてんのおめでとうCGがあるくらいか)まあこれは周を重ねて果てしなく遊んでいくタイプのゲームだと思うので、このくらいのあっさりさ加減の方がいいのかな。というわけで早速二周目を始めて、今の進捗状況はピラミッド攻略終了あたり。転生データが引き継がれてる&攻略手順が頭に入ってる分、進行は異様に早くて、イカのリミットまで10日くらい余裕が出てきました。(おかげで通常アイテムが不足がちになる)とりあえず二周目に出てくる追加モンスターを捕獲して終えられた時点で、まとめて感想を書こうかな。(多分来年になると思いますけど)どの女の子モンスターも個性的で楽しいし、ゲームシステムはシンプルで奥も深いし、さすがアリス、と感心することしきりな作品だと思います。特に今までアリスのゲームに触れてきて、女の子モンスターになじみが深いほど楽しめる作品なんじゃないかな。寝食を忘れてゲームをしてしまった、という意味では、間違いなく今年一番の作品だなあ。
| ゲーム ★★★★★ | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(3)
 ようやく火山到達。バルキリーと雷太鼓を仲間にして、これで残すはバトルノートのみ。(はずれ女はごめん、笑えたけど仲間にするのは耐えられなかった…)前半〜中盤でかなり前倒しできた分、後半は日数的にいい感じに余裕がでてきて、リミットまでの余った時間を戦力充実に当てられるのは嬉しいね。とりあえず週末までにはいったんクリアして、二周目を万全の態勢で迎えられそうです。なんか最近PCは GALZOOのためにしか稼動してない気がするなあ。このハマリ度はちょっとヤバイ。
| ゲーム ★★★★★ | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(2)
 半日ほとんど費やしたというのに、進捗状況は未だ19日目、ようやく岬の洞窟の女の子モンスターを仲間に入れたあたり。それもこれも中途半端に凝り性なので、ついつい従魔に出来ないとロードしてしまうせいなわけで、もうロードは多分30回くらい、ゲームオーバーも10回以上しているなあ。一周目では全ての女の子モンスターは揃わない(二周目以降でないと出てこない女の子Mがいるみたいなので)ことは知っているんだけど、ロードをクリックしてしまう指を止められませんよ。そういやファイヤーエムブレムでもFFTでもそうだったなあ。
 というわけで、普通に進めるのはそれほど苦ではないけれど、リミット制限がある関係上、女の子モンスターをきっちり揃えていくと極端にシビアになるゲームです。でも時間を忘れるくらい面白いね。期待が報われて何より。子供モードとか細かいイベントとか、どれだけパターンがあるんだろうなあ。これはちょっと楽しすぎる。
| ゲーム ★★★★★ | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
GALZOOアイランド(1)
 始めました。現在8日目、エリナが登場してきたあたりですが、期待していた以上にハマり度が高くて3時間くらい平気で経ってしまうなあ。女の子モンスターを一人も欠けずに従魔にするのはかなり骨が折れそうですが、それは二周目以降の目的として、一周目は袋とじをあけずに手さぐりで進めていこうと思います。それにしてもサワーのキャラは吹いたなあ。まんま大魔法峠なんですが…。
| ゲーム ★★★★★ | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パルフェ 〜ショコラ secone brew〜(戯画) ★★★★☆
pict

http://www.web-giga.com/

 里伽子ルート終わり。「その設定はちょっと卑怯すぎるよ」というくらいあざとい演出なんだけども、ラストの盛り上がりはやはり尋常ではなかったなあ。ノーマルエンドで同じ結末をあえて先に見せておいて、その裏側をトゥルーエンドで示すという二重構成もお見事。前作ショコラをセルフパロディしつつも、二番煎じにならないような作品作りがパルフェのスタイルであると思うのですが、多分一番気を使ったのがこの里伽子ルートであり、先日の恵麻ルートであったと思うのですよね。ま〜姉ちゃんは単純に翠と括るわけにはいかないですが、里伽子は明らかにRippleのあおい、ショコラの香奈子さんと続いてきた「丸戸型メインヒロイン」の系譜を辿るキャラであることは間違いないわけで、自分を含めてユーザーの期待も半端ではなかったと思うのです。(実際、あおいや香奈子さんルートをネタにした会話も幾つかあるように)その中で、単純な焼き直しにならないよう、といって今までのお約束を大きく外さないよう、という匙加減は本当に難しかったと思うのですが、個人的には素直にお話に浸ることが出来ましたし、良かったと思います。ネタバレになるのもアレなので抽象的な表現でまとめますが、「想いの強さ」というものが丸戸作品のヒロインを特徴づける大きな要素のひとつであるような気がします。とにかく里伽子頑張った。仁も頑張った!(そう考えると、恵麻エンドの里伽子の言動もお茶目という言葉だけでは片付けられなくなってしまって、なんだか泣けてくるなあ。だって左手で「握手」してるんだもん)
 というわけでコンプリートしました。ショコラの続編として、また新しいひとつの作品として、パルフェは申し分ない作品と言えるのではないでしょうか。どのヒロインのエンディングも、「ヒロインの満面の笑顔」で終わっているところが、この作品の雰囲気を一番よく現している部分のような気がします。(恵麻エンドだけは例外ですけど、あれはあれで幸せな結末と言えなくもない)ショコラと比べてどう、と無粋な比較をしてしまうと、やっぱり自分はショコラに軍配を挙げてしまうわけですが、それは多分にファーストインプレッションの印象も大ではあるのですよね。ファミーユの面々もキュリオの面々と変わらないくらい好きだし、だからこそ幸せな結末を迎えて欲しいし、どうせ幸せになるなら思い切り幸せになって欲しい、とそう思います。そして心からそう思わせてくれるようなキャラクター、そのキャラクターたちが醸し出す作品全体の雰囲気──を作り上げ演出した丸戸史明さんはじめパルフェ制作スタッフの手腕に改めて敬意を。
| ゲーム ★★★★★ | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パルフェ(6)
 ま〜姉ちゃんルート終わりました。このルートに関しては、対となる(であろう)里伽子ルートを終わらせないと見えてこないものもありそうなので、コメントは短めで。細かいディテールはもちろん違いますけど、構図的にはショコラのすずと大介の関係の裏返し的な印象を受けたりもしますね。片や義妹片や義姉。すずは出来たばっかりの妹で、ま〜姉ちゃんは昔からずっと一緒だった憧れのお姉ちゃん。基本的に相反しつつも、通じる部分もあり、このあたり対比してみると面白いかもしれません。(ルート自体の印象は、前作の香奈子さん・翠ルート寄りの印象受けましたが。まあなんでもかんでもショコラと比べてどうの、というものでもないですが)里伽子と恵麻の間にあった「色々」がかなりぼかされている部分ありますが、このあたりの機微は里伽子ルートで見えてくると期待していいのかな。
 そんな感じで気分が高まってきたところで、残すは里伽子ルートのみ。じっくり行きますよ。
| ゲーム ★★★★★ | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |