CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ぶらばん! 〜The bonds of melody〜(ゆずソフト) ★★
pict


http://yuzu-soft.com/


 退屈、というほど酷い出来ではないけれど、佳作というには絶対的に魅力が不足しているような、一言で表現してしまうとそんな印象の作品。ここがまずい、という点をあげつらねていくと切りがないのだけど、そもそも物語上におけるブラスバンドの意味合いも薄いし、コンクールに向けて部がまとまっていく過程も弱いし、展開は唐突気味だし(妙シナリオの新キャラ登場はさすがにどうかと思った)、ヒロイン同士の横の関係や、主人公自身の魅力も乏しい、とこう箇条書きにしてみるとため息が出てしまうがっかり感。すごく雰囲気の良さそうなゲームと思ったので過剰に期待してしまった部分もあるのだけど(しょうよん!くらい面白ければいいやくらいに止めておけばよかった)、少なくとももっと王道的な、音楽を軸にした熱血部活物語みたいな展開は見せてくれると思ったので、そのあたりのドラマ性も薄かった、というのは正直ちょっと厳しいなあ、と思います。ライバル部の顧問の人間性が漫画的に矮小すぎて、勝ったときのカタルシスがまるで高まって来ないし、そもそもエンディング自体どのヒロインもベースがまったく一緒(後日談めいたものはもちろん違うけどね)なのも、芸がなさすぎるとしか言いようがないよなあ。妙ルートくらい芦屋の反応は変えようよ。新開地先生、春菜先輩といったサブキャラも有用に使われているとは言いがたく、須美ルートにおけるイジメの問題や、委員長ルートにおける部活内の疑心暗鬼といった、この作品の雰囲気にそぐわない暗めなテーマも、解決への流れが浅くて、違和感だけが残ってしまった感じなのも引っかかります。(そもそも須美ルートなんかまるで解決していないような…)
 ともあれ、雰囲気自体はなかなか良さげなものを感じていただけに、全体的に消化不良な印象を強く残してしまうような作品だったと思います。地雷というほど酷いわけでもないし(エビや雲雀丘さんなんかはキャラとして素直に可愛いと思えるし、そう思えるだけのシーンを用意しているとは思う)、CV陣も自分好みの方向に鉄板で、けして吐いて捨てるような作品ではないとは思うのだけど、シナリオ構成・展開の芸のなさが、結局のところ作品全体の印象をダウンさせてしまっているのは確か。素材自体は非常にいいものを持っていたと思うだけに残念だなあ。それでもこの世界観は愛しているのだけどね。
| ゲーム ★★ | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ぶらばん!(1)
 始めてみました。進捗状況としては、須美ルートを終えて、今現在雲雀丘さんルート終盤というところ。体験版時点でも物足りない印象があったんですが、1ルート終えてみても、やっぱりそのあたりの感触は変わらない感じだなあ。キャラクターもストーリーも膨らませ方が足りないというか定形のままでとどまってしまっているのが残念だし、ブラスバンド部もコンクールに向けて上手くなってくる(テンションが上がってくる)過程が薄いので、最後のコンクールのシーンがもうひとつ胸に伝わって来ないのが残念。基本的にはキャラクターの魅力で押していくタイプの作品だと思うのだけど、須美ルートに関しては、そういうキャラの魅力を前面に押し出すイベント攻勢も弱かったので(キャラクターとしては好きなのだけどね)、最後まで「うーん…」という感触で終わってしまいました。(こみぱの彩シナリオみたいな展開を期待していたんだけどなあ)キャラクター同士の横のからみが薄いのも、もったいないよなあ。ただまあ、今やってる雲雀丘さんルートはツンデレ、という分かりやすいキャラクター性ゆえか、エロゲらしいイベントも須美ルートに比べてかなり多く用意されていてなかなか楽しいので、このあたりはキャラクターによってばらつきがあるのかもしれません。なんにせよ、個人的にキャスト陣は鉄板揃いだし、基本設定はかなり好みな作品なので頑張って進めますが、雲雀丘さんルートくらいのテンションを残りのキャラクターでも見せてくれると嬉しいなあ。ドラマ性はほどほどでも仕方ないと思うので、がっちりイベント単位で萌えどころを押し出してもらいたいものです。
| ゲーム ★★ | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ひなたると(Tarte) ★★
pict

 パルフェも佳境に入ってきたので、箸休めに脱線。ショートストーリー5本で所要時間は2、3時間といったところでしょうか。ファンディスクとしては妥当な時間なのかな。(最近のFDはボリューム大きいのも多いですけど)ただショートストーリーの割には各シナリオとも妙に間延びしている印象もあって、体感時間的にはむしろ本編より長い印象を受けてしまいました。実際のところ、本編も完全コンプリートには4時間かからなかったわけですけど。
 ショートストーリーの内容については、基本的に各ヒロインのED後の後日談が中心。短い中でも、キャラクターへの愛や、人間関係を横へ広げていこうという努力の跡は見てとれるんですけども、いかんせんボリューム不足(そのくせ妙に間延びした感じも受ける不思議な印象)で理想が現実に伴っていないイメージは本編同様。キャラクターそのものや世界観はやっぱり好みなものがあるだけに、このやきもき感は結局FDでも解消されませんでした。付属のキャラクター紹介を見ると、かなり細かい部分まで設定が作られてあって、スタッフのこの作品に対する意気込み自体は伝わってくるんですが、やはりアウトプットの時点で問題があると言わざるをえないなあ。姉妹がたくさん出てくる話だけあって、Hシーン的にも5本中3本が3Pというのは朗報ではありますが、今ひとつ徹し切れてないHシーンなので、そのあたりの充足度も高いとは言えないのが辛いところです。(特に水)
 というわけで誉める箇所は本編同様、笛先生の絵しかないわけですが(ちょっと妙な方向に絵柄変わりつつある感じも受けますが)、でもやっぱりこの作品の雰囲気自体は好きなので、もうちょっとなんとかならなかったのかなぁ、という嘆息は残ります。と言って今さらどうなるものでもないんですけど、やっぱり見捨てきれない何かはあるのだなあ。
| ゲーム ★★ | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |