CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OUEN BUNNER
すたじお緑茶『南十字星恋歌』応援中!
OUEN BUNNER
「カルマルカ*サークル」応援中!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

睦月堂工房

Strawberry,Orange-kiss,Remon-yellow
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ちーちゃんは悠久の向こう ★★
http://www.chiichan.net/

 学校の階段を乗り越えてきた俺に怖いものなんかないぜという気分で見に行ったわけですが、さすがにあそこまで酷くはないものの、良かったかと訊かれると困ってしまうような出来。演出的にところどころ良いなと思う箇所はありましたが(モンちゃんがちーちゃんの”今”に気づいて、世界に幻想が侵食してくるあたりとか)、ツートップの片割れたる武藤先輩の演技があまりにも大根で(ファンの方すみません)、なんか色々と台無しになってる気がかなりします。林田さんの方が正直美少女然としているキャスティングなのも…。
 あと原作のえぐ味(*1)を出来るかぎり取り除いて、純愛方向に濾過したような作りになっていること自体は、映画のターゲット層を考えると戦略的に正しいのかなとは思うのですが(まあちーちゃんの設定自体大幅に変わってますし、そういや陸上部が弓道部になってたりもしますし)、それでいて結末そのものは原作とまったく一緒というあたりも、なんか座りが悪いと言うか、変な違和感があるなあ。あのどこか混沌とした独特の雰囲気を持った原作だからこそあの結末は印象的であったと思うわけで、ここまで設定を改変するなら、その丈に合った結末を用意した方が良かったんじゃないかと思うのですけどね。男塾の封切りの日だったので、どっちを見るか迷ってちーちゃんを選んだわけですが、その選択が報われたとはちょっと言いがたい映画だったと思います。残念。

(*1)全体的にホラー的な部分やエキセントリックな箇所が抑え目だったり、人間関係(特にモンちゃんとその両親)がマイルドになってたり。
| 映画 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ストレンヂア 無皇刃譚 ★★★☆
http://www.stranja.jp/

 アクションを際立たせるための脚本、という感じなので、物語的な大仕掛けやあっと驚くようなどんでん返しを期待すると物足りなく感じてしまうかもしれないけど、それを補って余りあるほどにアクションシーンが秀逸。世は戦国。主人公である刀の抜けない名なしの剣士、異形の武器・体術を使いこなす大陸渡りの暗殺集団、それに地元豪族の武士団が入り乱れ、全編に渡って刀が火花を散らし、矢が飛び交い、血しぶきが舞う展開の連続なので(しかも登場人物たちは本当に軽く、次々と命を散らしていく)、物語の本筋を追う以上に息をつかせぬ剣劇に次ぐ剣劇に見入ってしまう作品でした。(ことにラストの名なしと羅狼の一騎打ちは必見)ストーリー関してはあまり特筆すべき部分はないですが、それぞれのキャラに確固とした魅力はあったし、お約束を外さず、抑えるべきところをきちんと抑えた展開で、手堅い出来なのではないかと思います。それはそうと仔太郎はてっきり女の子とばかり思ってた自分はエロゲに毒されすぎているのでしょうか。
| 映画 | 23:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
劇場版 CLANNAD-クラナド- ★★
http://www.clannad-movie.jp/index2.html

 地雷というほどでは当然ないし、105分という尺の中でそれなりにまとまった作品になっているとは思うのだけど、良かったかと言われるとまず疑問符が先に浮かんでしまうような出来ではありました。微細なものから大きなものまで、キャラクターの性格・設定・立ち位置の改変は数えきれないほどあるし、細かい演出がいちいちテンション高すぎるのも好み分かれるところではないかと思います。逆に言えばそのあたりの部分が許容できれば、それなりに楽しく見れる作品でもあるのかな。(学生時代のテンションが高すぎる(春原は異常)のは、短い尺の中で後半との対比を分かりやすくするために、あえて過剰に演出している面もあるのだろうね)終わり方も、え、ここで終わるの?という印象も強いですが、ある意味綺麗に終わったと言えなくもないので、これはこれで良いのかなあ。役割を果たすべき人が、きちんとその役割を果たしてくれていたのは、個人的にちょっと嬉しい。
 とにかく終始ツッコミどころ満載の作品でもあるので、終わったあと、仲間内でワイワイ楽しく騒ぎあうことも出来る分、変な意味だけど面白い映画ではあった気がします。
| 映画 | 19:53 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
学校の階段 ☆
pict

http://kaidan.gyao.jp/(音出ます)

 原作から設定を大幅に改変した時点で別物として楽しもうと思っていたのだけど、想像のはるか斜め下を直滑降するような出来に完全に脱力。開始20分でヒロインが主題歌を歌いだして、しかも次のシーンで階段部の面々がラップで自己紹介と階段レースの説明を始めたときは、本気で持っていたペットボトルをスクリーンに投げつけようかと思ってしまいました。(いやホントに縦に揺れながら刈谷が「YO、YO、階段部のメンバーを紹介するZE」とか言うわけですよ)壁にぶつかったらぶつかったで落ち込んだヒロインがまた歌いだすし、もうどうすればいいんだ。とにかく全編に渡ってツッコミどころ満載の映画なので、ある意味斜めには大いに楽しめる部分あるのかもしれませんが(最後のレースのバカさっぷりはある意味必見)、原作の雰囲気が好みであればあるほど、この脱力感溢れる雰囲気・演出・展開に呆然としてしまうだろうなあ。おそらく作り手としては「女の子の成長物語」をストレートに描きたかったのだろうなと思うのだけど、あまりに演出が適当かつチープすぎるので、感動よりも何よりも笑いがこみあげてしまうあたり、もはやどうしようもない感じです。原作のテイストはかけらも残ってないことを理解した上で、開き直って斜めに楽しみたい人にはかろうじて一見の価値ある映画かもしれないですが、黒川芽以の重度のファンでもないかぎり、ちょっとこれは厳しすぎる作品。上映時間になっても5人くらいしか人がいなかった時点で「これはヤバイ」と思ってはいたんですが。いやこれは切ない…。
| 映画 | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
それでもボクはやってない ★★★☆
加瀬亮;瀬戸朝香;山本耕史;もたいまさこ;役所広司,周防正行
東宝
¥ 2,950
(2007-08-10)
 見てきました。話題の映画だと思うので筋は説明する必要はないと思うのだけど、いわゆる痴漢冤罪を題材に現代の日本の刑事裁判の問題点を浮き彫りにする作品。痴漢を疑われた主人公に接する警察官の乱暴で杜撰な態度、システマチカルに裁判の効率だけを追求する裁判官。「やってもいない罪なのだから罰せられるはずがない」という当然の意識を容易に覆してしまう、それら体制側の人間の描写はある意味グロテスクとも言えるくらいで、「いくらなんでもこれはデフォルメしすぎだろう」と思いはするんだけど、それ以上にバカげたことが日常的に起きてしまっているのがやはり、今の法曹の現状ではあるのだろうなあ。それだけに、主人公を無罪と信じ、奔走してくれる母親や親友たちの存在が救いであり、貴重に思えます。巧妙だと思うのは主人公が痴漢の嫌疑をかけられるシーンから始まっていて、実際の白黒は誰にも分からない点。あの幕の引き方も含めて、このあたり、この作品の目的がエンターテイメントである以前に強い問題提起にあって、見終わったあとに大きな議論を呼ぶことにあるのだろうなと思います。男性は男性なりに、女性は女性なりに、見れば必ず何か自分の中で意見が生まれ、それを外に向かって語りたくなる作品。147分という上映時間が、あっという間に思えた作品でした。
| 映画 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SHINOBI ★☆
仲間由紀恵,オダギリジョー,黒谷友香,沢尻エリカ,椎名桔平,下山天,山田風太郎,平田研也
松竹
¥ 2,299
(2006-02-18)
 付き合いで観にいってしまったわけですが、原作のいいところがまったくといっていいほど残ってないのが逆に凄すぎるよ。映画オリジナルのアレンジが全てダメとまでは言わないけど(どこかで見たような、という形容詞は外せないけど、アクションはそれなりに頑張っていたしね)、明らかに斜めに楽しみどころを見つけた方が気が楽になる映画だなあこれ。原作が好きなら、あえて明後日の方向に行ってしまったアレンジぶりを楽しむのも、ひとつの見方かもしれないね。とはいえ基本的にはしょんぼりな出来なので、見終わったあとの疲労感はなんとも言えずぐったりな映画でした。
| 映画 | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スウィングガールズ ★★★☆
上野樹里,貫地谷しほり,本仮屋ユイカ,豊島由佳梨,平岡祐太,竹中直人,谷啓,矢口史靖
東宝
¥ 2,500
(2005-03-25)
 永山さんの日記見て無性に観たくなり、DVD買ってきてしまいました。で、一気に観てしまったわけですが、面白かったなあ。テンポ重視のためか、全体的にご都合主義なところもあるわけですが、コメディとして非常に良質。サボりの口実に始めたジャズに、女の子たちが少しずつ夢中になっていく過程が、微笑ましく、初々しく、楽しく描けてます。どこか本屋ちゃんを思わせる関口さんが、要所で美味しいところを持っていってて可愛かったですね。楽しい映画でした。
| 映画 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |